2014年1月22日水曜日

Gitで現在の変更内容を一時退避させる

Git Stash

Gitでブランチを切り替える際などに現在の変更内容を一時退避させるにはgit stashを使用します。Git Stashは今やっている作業内容(ステージングファイルもアンステージングファイルも)を一時退避させることができます。また、戻したい場合はgit stash popを使用します。

書式
一時退避させる:git stash
退避させたものを戻す:git stash pop
退避させているもの一覧:git stash list

使用例
現在の作業内容を退避させます。
$ git stash

退避させたものを確認します。
$ git stash list

退避させたものをもとに戻します。
$ git stash pop

以上で一時退避させてから戻すまで行えます。(git stash listは一覧を表示させるのみ)
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly