2013年11月29日金曜日

selenium InternetExplorerDriver が実行できない時の対処

ブラウザが起動できない

初期状態では起動できない場合があるようです。

エラー例: 
org.openqa.selenium.WebDriverException: Unexpected error launching Internet Explorer. Protected Mode must be set to the same value (enabled or disabled) for all zones. (WARNING: The server did not provide any stacktrace information)...

対応

ブラウザのセキュリティ設定を変更します。

インターネットオプション > セキュリティ > 保護モードを有効にするのチェックをすべて外す

↓の画像がわかりやすいです。

enter image description here source: Issue 1795 - selenium - Unexpected error launching Internet Explorer. Protected Mode must be set to the same value - Browser automation framework - Google Project Hosting

via: Selenium2のInternetExplorerDriverでエラーになった « ひよっこ。


もうひとつ動かない

以下のようなエラーで動かない場合もあるようです。

エラー例:
org.openqa.selenium.NoSuchWindowException: Unable to find element on closed window (WARNING: The server did not provide any stacktrace information)

こちらの場合は、IEDriverServer.exeというファイルをローカルに保存し、Javaのシステムプロパティにパスを設定します。

設定例:
File file = new File("C:/Selenium/iexploredriver.exe");
System.setProperty("webdriver.ie.driver", file.getAbsolutePath());
WebDriver driver = new InternetExplorerDriver();

source: java - Driver executable must be set by the webdriver.ie.driver system property - Stack Overflow


Basic認証のログインができない

以下のようにURL内でユーザIDとパスワードを指定すると、ログイン情報の入力ダイアログを省略することができます。

http://test-site.com が対象の場合

http://ユーザーID:パスワード@test-site.com

しかし、それでもログインができないことがあります。

対応

レジストリを設定しなおす必要があるようです。

設定例:

enter image description here

source: Alek’s Blog: Selenium WebDriver tips

補足

エクスプローラーおよび Internet Explorer で新しい既定の動作を無効にするには、以下のレジストリ キーのいずれかで、iexplore.exe および explorer.exe の DWORD 値を作成し、それらのデータを 0 (ゼロ) に設定します。 すべてのユーザーに適用する場合は、次のレジストリ キーに値を作成します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_HTTP_USERNAME_PASSWORD_DISABLE

現在のユーザーにのみ適用する場合は、次のレジストリ キーに値を作成します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_HTTP_USERNAME_PASSWORD_DISABLE

source: Internet Explorer では Web サイト アドレス (HTTP URL および HTTPS URL) に含まれるユーザー名およびパスワードがサポートされない

via: Chrome 及び IE の WebDriver で Basic 認証を突破する方法 - QA@IT


Written with StackEdit.

  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly