2013年10月22日火曜日

Mac の Chrome で KeePass を使用する

感想

便利すぎてびっくらこきました。
もーーー。完全にこれで決まりです!
今日からこれに乗り換えます!!

手順はざっとこんな感じです

  • 拡張機能インストール
  • KyPass Companion インストール
  • 拡張機能から連携

AppStore: KyPass Companion







※ 2014年4月2日 追記

今日 KyPass Companion のアップデートがあり、バージョンが 1.4 に更新されました。
動作確認をしてみると動くようになっていました!
KeePassファイル1.x系(*.kdb)、KyPass Companion 1.4、chromeIPass 2.6.6

※ 2014年1月20日 追記

最近どうもChromeのフィールドを埋める機能がうまく動いていない気がします。
自分の環境では全く動作していません。
拡張機能の問題、KeePass1.x系を使用しているため、KyPass Companion の不具合などが原因ではないかと思っていますが、まだ検証できていません。
以下の方法では最終的に有料アプリを購入する事になりますのでご注意ください。
なお、動作確認できた方は動作環境などをお教えいただけるとありがたいです。
試した環境はこちらです。
KeePassファイル1.x系(*.kdb)、KyPass Companion 1.2、chromeIPass 2.6.6

※ 2013年11月1日 追記

KyPass Companion は期間限定で無料で利用できるようですので、
日にちが経つと起動できなくなります。


この際なので私は有料アプリを購入しました。



拡張機能インストール

まずは。 拡張機能をインストールします。
が、macではこれだけで利用できないようです。
enter image description here
Chrome ウェブストア - chromeIPass

KyPass Companion インストール

次に KyPass Companion というアプリをいれます。 mac では KeePassX が有名ですが、同じようなことができるアプリケーションのようです。
パスワード管理ツール『KeePass』の進化系? 新クライアント『KyPass Companion』 : ライフハッカー[日本版]
version 1 になって有料アプリになったようですが、とりあえず無料で利用できるversion 0.8をインストールします。
v0.8のダウンロードはこちら
Kyuran » Blog Archive KyPass Companion v0.8 » Kyuran
enter image description here
ダウンロードしたzipファイルを解凍し、なかに入っている app ファイルをアプリケーションフォルダに入れたら、 インストールした KyPass Companion を起動します。
enter image description here
起動後に使用している KeePassファイル(kdb) を開きます(Open)。
enter image description here
ファイルを開いたらこんな感じ。
enter image description here
http://www.lifehacker.jp/2013/07/130705kypass_companion.html

拡張機能から連携

Chrome の拡張機能のボタン > Connectボタン を押します。
enter image description here
ブラウザからの連携を許可するかを聞かれますので、Allow(許可) を選択します。
enter image description here
これで準備は完了です。

試す

あとはログインページに来た時に拡張機能のボタンを押せばログイン情報が選択できるようになります。 (password フィールドに反応しているのかな?)
さらに、URLを登録している場合はURLに反応して自動的にどのIDをいれればいいのか判断してくれるみたいです。 すごい!
例: 落選した。。。大阪マラソンのログイン画面。
enter image description here

注意

KyPass Companion が起動していて、kdbファイルを開いた状態でないと動作しないようです。

おまけ

おまけ機能で、パスワードジェネレータまでついてるみたいです。(拡張機能の方かな?) パスワードフィールドの横に鍵マークがでるのでそれをクリックすると出てきます。 す、すげぇ。
enter image description here

Written with StackEdit.
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly