2013年8月8日木曜日

SQL COUNT文

SQLでテーブル(表)内のデータ件数をカウントしたい時にはCOUNT文を使用します

書式
SELECT COUNT(引数) FROM 表;                                           
※引数にはNULLを許容していない定数
  またNULLの行を無視せずにデータ件数をカウントする場合はを指定します。



表名:果物一覧
名前  個数
リンゴ 2
ミカン 3
ブドウ  1

上記のような表があり、表内の総データ件数をカウントしたい場合。

SELECT COUNT(*) FROM 果物一覧;                                         

結果は以下のようになります。

  COUNT(*)
----------
         3
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly