2013年8月15日木曜日

Linux aliasコマンド

Linux上で長いコマンドを省略もしくは別名で登録したい時には『alias』を使用します。
また、追記オプションを省略することで現在登録してある別名を一覧として表示します。

書式
alias 登録したい名前 コマンド                                                                                                                   



Linuxのコマンドのひとつに『rm』コマンドがあります。
rmコマンドはファイルを削除するコマンドですが、コマンドを入力すると確認せずに削除されてしまいます。
そのため、誤ってファイルを削除してしまうことが多いので通常はオプションとして -i を追記します。
-i を追記することでファイルを削除する際に確認されるようになります。
そこで、デフォルトでrmコマンドに確認をするようにさせるためにaliasコマンドで登録をしてみます。

書式
alias rm='rm -i'                                                                                                                                          


とすると登録され、結果は以下のようになります。

書式
alias rm                                                                                                                                                     


rm='rm -i'

以上でrmコマンドを使用してファイルを削除しようとした場合に確認されるようになります。
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly