2015年12月1日火曜日

最近覚えたたまに使うGitコマンドまとめ

空コミット


$ git commit --allow-empty -m "hogehoge"

見やすいコミットログを出す

$ git log --oneline --graph --decorate

リモートのコミットログを見る

$ git log origin/master

過去の操作の一覧を表示し、特定の操作に戻る

$ git reflog
一覧を表示し、
$ git reset --hard HEAD{<戻りたい操作の番号>}
特定の操作に戻る

リモートブランチの削除

$ git push origin :hogehoge

 リモートブランチの情報をローカルの情報に同期

$ git fetch --prune
git fetchだけだと、リモートで消えてるブランチがローカルで残ったままです。

強制的にリモートブランチに合わせる

$ git reset --hard origin/master
ローカルがおかしくなって、リモートが正しいときに便利。

変更したファイルの内容をもとに戻す

$ git checkout hogehoge.txt

git addしてしまったファイルをaddする前に戻す

$ git reset HEAD hogehoge.txt

マージ途中でマージの取り消し

$ git reset --hard HEAD

直前のコミットのコミットコメントを修正

$ git commit --amend -m "hogehoge"

直前のコミットにファイルの変更を追加

$ git add .
ファイルを修正したあとにaddし、
$ git commit --amend
これで直前のコミットに変更が加えられます。

  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly