2014年11月18日火曜日

SSHに公開鍵認証で接続する際に Too many authentication failures が出る

example

結論

~/.ssh/config の設定に IdentitiesOnly yes を追記すれば解決しました。

# 例
Host 6vox
  HostName 192.168.0.xxx
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_6vox
  User 6vox
  IdentitiesOnly yes # <- これ!

原因

IdentitiesOnly yes の指定がないと、IdentityFile に記述しているファイルを見ずに、秘密鍵を上から順にチェックしていきます。
.ssh/conf に定義がいっぱい書かれていると、リトライを繰り返して、5回目くらいでサーバ側から切断されます。
ssh -v host_name で叩くとわかりやすいです。
指定していない秘密鍵で5回位失敗して切断されます。
指定してるんだけどな… Macだけ?sshの設定?

まとめ

.ssh/config の設定を増やしていくとふいに発生するので、秘密鍵の指定をする場合はIdentitiesOnly yes もセットで指定するようにしておいた方が良さそうです。


Written with StackEdit.

  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly