2014年2月11日火曜日

Servlet から JSP への値連携

Servlet から JSP への値連携

忘れないように、メモ。

よく忘れてしまうので要点だけをメモ。

Servlet側

例: ServletdoGetなどに以下を記述

request.setAttribute("name", "my name is 6vox");

JSP側

1: スクリプトを使用する場合

<p><%= request.getAttribute("name") %></p>
2: アクションを使用する場合
- jsp:useBeanをロードしてから${xxx}(EL: Expression Language)の記法で記載可能
- classscope などは揃える必要がある

<jsp:useBean id="name" class="java.lang.String" scope="request" />
#2014-02-18追記 EL記法の場合はuseBeanは不要でした
#またBeanクラスを使用する場合でもimportも不要でした
#geronimo使ってるから?最新のJSPの仕様?

<p>${name}</p>

#こう書きなおしてもOK

<p><%= name %></p>

補足

  • Session request を Session に置き換えても利用可能
  • useBean を使用する場合は、もちろんBeanクラスを使用可能
    • 例: ${user.id} で User#getId が呼ばれる

Written with StackEdit.

  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly