2014年2月20日木曜日

Rails4.0.2以上でi18nのdeprecated警告が表示される

deprecated警告

Railsのアップデートに伴い、セキュリティ面の関係でi18nの警告が出るようになりました。サーバーの起動時などに見られ、特に問題は無いようですがちょっと気になります…。実際に表示される警告は以下の通りです。
[deprecated] I18n.enforce_available_locales will default to true in the future. If you really want to skip validation of your locale you can set I18n.enforce_available_locales = false to avoid this message.

解決策

今まではi18nを導入する際、config/apprication.rbに「config.i18n.default_locale = :ja」のみを設定していましたが、今回からはさらに以下の一行をデフォルトロケールの上に記入します。
I18n.enforce_available_locales = true

以上で警告が表示されなくなります。
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly