2014年1月8日水曜日

新社会人のビジネスシューズならこれで決まりです


新社会人の方、スーツの足下はもう決まっていますか?安い靴を買うよりも、ちょっと良い靴を買った方がトータル的に安上がりなことが多々あります。ですが、新社会人という立場からどのような靴を選んでいいか分からない…と悩まれている方。そんな時はスコッチグレインで決まりです。

スコッチグレイン


1978年、ヒロカワ製靴によって展開されたビジネスシューズブランドSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)。スコッチグレインは日本発祥のブランドであり、特に日本国内で高い支持を得ています。理念として品質主義を掲げており、履きやすく、丈夫で長く使えることをブランドのコンセプトとして挙げています。


ブランドロゴである麦のモチーフには、戦後まもなくの物資が乏しい中で創業されたヒロカワ製靴が、少しの材料も無駄にしない、本当の意味でのコストパフォーマンスを目指すという思いが込められています。

スコッチグレインの特徴


スコッチグレインの特徴と言えばまず、その上質な革が挙げられます。革の性質を十分に踏まえた上で、自社での厳しい選定によって選び抜かれています。また、英国の本場のビジネスシューズと同じくグッドイヤー・ウェルト製法で作られており、機能面でも優れた一足となっています。デザインとしても英国の伝統的なデザインであるため、非常に高級感あふれるブランドです。

新社会人にスコッチグレインをすすめるわけ


スコッチグレインを新社会人にすすめるわけは、そのコストパフォーマンスの高さにあります。スコッチグレインは、その質の高さから考えられないほど値段が押さえられています。大体2万〜3万円ほどの値段帯で購入することが可能です。質がほぼ同じで、よく知られている海外ブランドのものであれば、その倍はするのではないでしょうか…。デザイン的にも派手すぎず、まさに新社会人にとってはぴったりなビジネスシューズブランドと言えると思います。

オススメのスコッチグレイン


オススメのスコッチグレインは内羽根式のストレートチップです。内羽根式のストレートチップという最もフォーマルな組み合わせで、ビジネスシーンだけでなく、冠婚葬祭まで使えます。スコッチグレインの内羽根ストレートチップは、品格があり、高級感あふれる1足となっています。
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly