2013年10月8日火曜日

ORACLE ROUND

ORACLEで値を四捨五入して結果を表示したい場合はROUNDを使用します。
ROUNDを使用する際に少数桁を指定することで、小数点以下を少数桁で四捨五入します。

書式
SELECT ROUND(数値,少数桁) FROM DUAL;


値(100.456)を四捨五入した結果を取得したい場合。

SELECT ROUND(100.456) FROM DUAL;

結果は以下のようになります。

ROUND
----------
100

例2
値(100.456)を少数桁数(2桁目)を指定して四捨五入した結果を取得したい場合。

SELECT ROUND(100.456,2) FROM DUAL;

結果は以下のようになります。

ROUND
----------
100.5


  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly