2013年9月14日土曜日

tail の反対語(?) head

ファイルを大量にはく実装を行った際に、ディレクトリサイズが欲しかったので ls の head を表示した。

ls -lh | head -1

てか、調べて分かったが。本来は du 使うべきやな。。。

ま、CSVのヘッダ行とるのなんかにも使えるので覚えておこう。

head -1 xxx.csv

ちなみにディレクトリサイズは、以下のコマンドで。

du -h targ-dir

-h をつけるとファイルサイズの単位をいい感じにつけてくれるので好き。

最近 linux になれてきたなぁ。 楽しい。

enjoy!


Written with StackEdit.

  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly