2013年9月5日木曜日

Java try catch

tryはJavaでの例外処理において使用します。

書式
try {
     例外をスローする可能性のある処理
}  catch(例外クラス型 引数名) {
     例外処理(例外ハンドラ)
}  finally {
     最後に必ず実行される処理
}

tryの中で例外が発生しなければそのまま処理を実行し、
例外が発生した場合はその時点でcatchへ処理が移ります。
またfinallyでは記述した処理が最後に実行されます。


  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly