2013年8月12日月曜日

Linux コマンド cp

Linux上で、ファイルやディレクトリをコピーするには『cp』を用います。

書式
cp コピー元 コピー先                                                                                                                                  


オプションは以下のようなものがあります。
こちらより引用させていただきました。


-a     元のファイルの属性とディレクトリ構成を可能な限り保持します。
-b     上書きされるファイルのバックアップを作成します。
-f     コピー先に同じ名前のファイルがあれば、確認なしで上書きします。
-i     上書きされるファイルがあれば、その可否を確認します。
-l     コピーのかわりにハード・リンクを作成します。ただしディレクトリは除外します。
-p     元のファイルの属性(タイムスタンプ等)を可能な限り保持します。
-r     ディレクトリを中身ごとコピーします。
-s     コピーするかわりにシンボリック・リンクを作成します。
-u     同名のファイルが存在する場合、コピー先のタイムスタンプが同じか新しいときはコピーしません。
-v     経過を表示します。
コピー元..     コピーするファイルまたはディレクトリを指定します。コピー先がディレクトリであれば、スペース区切りで複数列挙することができます。
コピー先     コピー先のファイル名またはディレクトリを指定します。


以下の二つのファイルがあるとします。
両ファイルの保存場所、現在地点ともに同じディレクトリにあります。

ファイル1 内容:123
ファイル2 内容:無し

書式
cp ファイル1 ファイル2                                                                                                                               


結果は以下のようになります。

ファイル1 内容:123
ファイル2 内容:123
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly