2013年8月13日火曜日

Linux コマンド cat

Linux上でファイルの内容を表示したい時は、『cat』を使用します。
catを使用することで、画面上にファイル内容が表示され、
また複数のファイルをつなげて表示させることもできます。

書式
cat [オプション] ファイル名                                                                                                                        


catにはオプションを追記することができます。
こちらのサイトより引用させていただきました。

-b … 先頭行から、空白行を含めずに行番号をつけて表示します。
-n … 先頭行から、すべての行に行番号をつけて表示します。
-s … 連続した空行を1行の空行にまとめて表示します。ファイルの内容を表示したいときには、
-v … タブを「"」に、表示不可能な文字(最上位ビットが1の文字)を「M-」に置き換えて表示します。



以下のようなファイルがあるとします。
ファイルの保存場所、現在地点ともに同じとします。

ファイル名:FILE
内容:123

ファイルの内容を表示したいときには、

書式
cat -n FILE                                                                                                                                                 


結果は以下のようになります。

1| 123
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly