2013年8月28日水曜日

java データ型

javaで宣言をする際にはデータ型を指定する必要があります。
データ型とはデータの種類のことで、整数や小数を含む数、文字などを示します。
javaで主に使用されているデータ型は以下の通りです。
こちらより引用させていただきました。

booleantrue or false
char16ビットUnicode文字 ¥u0000~¥uFFFF
byte8ビット整数 -128~127
short16ビット整数 -32768~32767
int32ビット整数 -2147483648~2147483647
long64ビット整数 -9223372036854775808~9223372036854775807
float32ビット単精度浮動小数点数
double64ビット倍精度浮動小数点数

データ型にもさまざまな種類があり、整数だけをとっても数多くのデータ型が用意されています。
値ごとにこれだけ多くのデータ型が用意されているのは、メモリなどの資源の有効活用のためです。適切なデータ型を選ぶことが非常に重要となってきます。

  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly