2016年2月3日水曜日

Mac で raspberry pi の GUI をリモート操作する

vnc を使用して実現します

1. raspberry pi に tightvncserver をインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y install tightvncserver

2. tightvncserverの起動

$ tightvncserver

初回起動時はパスワード設定を求められます。
クライアントから接続する際に必要になります。
※ パスワードの文字制限は6文字以上8文字以下で、8文字目以降は切り捨てられます

3. tightvncserverの起動確認

$ cat ~/.vnc/raspberrypi:1.log
03/02/16 05:00:16 Xvnc version TightVNC-1.3.9
03/02/16 05:00:16 Copyright (C) 2000-2007 TightVNC Group
03/02/16 05:00:16 Copyright (C) 1999 AT&T Laboratories Cambridge
03/02/16 05:00:16 All Rights Reserved.
03/02/16 05:00:16 See http://www.tightvnc.com/ for information on TightVNC
03/02/16 05:00:16 Desktop name 'X' (raspberrypi:1)
03/02/16 05:00:16 Protocol versions supported: 3.3, 3.7, 3.8, 3.7t, 3.8t
03/02/16 05:00:16 Listening for VNC connections on TCP port 5901
Font directory '/usr/share/fonts/X11/75dpi/' not found - ignoring
xrdb: No such file or directory
xrdb: can't open file '/home/pi/.Xresources'

「TCP port 5901」の箇所でポート番号を確認しておきます。

4. クライアントから vnc サーバへの接続

mac からの接続方法をご紹介します。

「Finder」→「移動」→「サーバへ接続」をクリック

「サーバアドレス」を入力し、「接続」をクリック

「パスワード」を入力し、「接続」をクリック

raspberry pi の GUI を mac で操作できます!

5. 終わったあと

vnc server のプロセスを終了させます。
$ vncserver -kill :1
「-kill :1」の数字はポート番号の下一桁を指定します。
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly