2014年9月19日金曜日

Git Flow Cycle

Git Flow

Changing history, or How to Git pretty
source: Changing history, or How to Git pretty — justin hileman dot info

弊社開発時の一般的な git-flow サイクルをメモしておきます。

準備

git-flow、とhubをbrewでインストールしておく。

$ brew install git-flow
$ brew install hub

git-flow についての説明は下記参照。

git-flow cheatsheet

git flowで初期化されていない場合は初期化。
初期化の際の入力項目は全てデフォルト。

$ git flow init -d

# エンター連打でOK
# 2014/10/11更新: -d オプションを付けることで全てデフォルトで初期化される

さいくる

  • pull: ソースの最新化
  • feature: ブランチ作成
  • code: 開発
  • commit: コミット
  • push & pull request: リモートへアップロード+プルリクエスト
  • review: コードレビュー
  • merge: マージ

具体的に

pull: ソースの最新化

$ git checkout develop
$ git pull origin develop

feature: ブランチ作成

featureブランチ名は issue_[issue番号]_[issue名(適当)] のルールで作成

$ git flow feature start issue_2_desc_update

code: 開発

…. 開発中 …

commit: コミット

$ git status
$ git difftool
$ git add .
$ git commit

push & pull request: リモートへアップロード+プルリクエスト

push で conflict しないために rebase をしてから

$ git pull --rebase origin develop

push!

github の場合
プルリクエストも一緒にやってしまう。

$ hub pull-request -i 2 -h toshima66:feature/issue_2_desc_update -b develop

github 以外 の場合
pushしたあとでwebなどからプルリクエスト

$ git push origin feature/issue_2_desc_update

review: コードレビュー

…. コードレビュー中 …

merge: マージ

完了!

まとめ

慣れれば簡単です。慣れれば。


Written with StackEdit.

  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly