2013年11月15日金曜日

Java equals

Javaで文字列を比較したい場合はequalsを使用します。
equalsは比較対象が等しいものであればTrueを、等しくなければFalseを返します。


文字列(あいうえお)と文字列(あいうえお)を比較する場合。


String strA = "あいうえお";
String strB = "あいうえお";
if (strA.equals(strB)) {
System.out.println("true");
} else {
System.out.println("false");



結果は「True」が返ります。



また、大文字・小文字を無視して比較する場合はequalsIgnoreCaseを使用します。


文字列(ABCDE)と文字列(abcde)を比較する場合。


String strA = "ABCDE";
String strB = "ABCDE";
if (strA.equals(strB)) {
System.out.println("true");
} else {
System.out.println("false");



結果は「True」が返ります。
  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly