2013年7月22日月曜日

単体テスト 手順

単体テストでは、テスト対象のソースコードを作成した後に実行します。

単体テスト 進め方

単体テストでは、ソースコードを作成した後、それとは別にテスト用の
ソースコード作成する必要があります。テスト用のソースコードを作成
し終えると、実際にテストを実行します。テストが終わると、
テストの結果や内容をドキュメントに記述します。
しかし、単体テストの場合はソースコードの作成よりも先に
テストを実行するテストファーストと呼ばれる方法で進めることもできます。
この手法では,テストコードを先に作ることで正しい仕様を確認し、
さらに無駄のないソースコードを実装できるというメリットがあります。

しかし実際には、「ソースコード作成」「テストコード作成」「テスト実行」
3つの作業を細かいサイクルで回して、テストが通るようなソースコードを
完成させていくことで、効率よく品質の高いソースコードを実装することができます。


  • この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このブログの更新をチェックする

  • follow us in feedly